読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WindowsにRocket.Chatをたてる

Docker Kitematicを使うと、簡単にたてられたのでメモ。

1.Docker Toolboxをインストール
Docker Toolbox | Docker

2.Kitematicを起動し、mongodbをとってくる
f:id:noifuji:20170218135502p:plain

3.rocket.chatをとってくる
(officialのほうを使いました)
f:id:noifuji:20170218135645p:plain

4.このままだと、rocket.chatの起動時にエラーがおきるはず。
そこで、下記のACCESS URLの値をひかえておく。
f:id:noifuji:20170218140115p:plain

5.rocket.chatのsettingをクリックし、MONGO_URLをさっきの値に書き換えて、
「SAVE」をクリック
f:id:noifuji:20170218140515p:plain

6.rocket.chatのメイン画面を見ると、WEB PREVIEWにログイン画面がうつているのが見えます。このWEB PREVIEWをダブルクリック。
f:id:noifuji:20170218140600p:plain

7.ログイン画面がブラウザで表示されます。
ここで新規アカウントを作成して進むと、次のWarningが表示されるので、「はい」を選択。
f:id:noifuji:20170218140850p:plain

8.外部のLANから見えるようにする。
Virtualbox Managerを開いて、defaultを右クリック>設定>ネットワーク
アダプター1のポートフォワーディング
ルール追加で、ホストポート8080、ゲストポートをrocket.chatのpublished IPに設定する。